女性に多い冷え性を改善するには!肌荒れの原因にもなる冷え性はまさに万病の元

冷え性は手足などの先端が慢性的に冷えて温まりにくい症状のことを言います。これは、特に女性に多く見られ、頭痛や肩こり、生理痛、不妊などにも繋がる恐れがあります。冷え性の原因には次のことが考えられます。

<血行不良>

冷え性の一番の原因は血行が悪いことです。以下の項目に心当たりはないでしょうか。
□冷たいものの食べ過ぎ
□冷房の効いた部屋で長時間過ごす
□体を締め付ける下着の着用
□運動不足

これらのことを習慣的に行うと血行が悪化し、心臓から遠い場所にある手足の先から冷えの症状が見られるようになります。

<自律神経系やホルモンの乱れ>
体温は自律神経やホルモンの働きによって維持されています。しかし、ストレスや不規則な生活習慣の影響を受けると自律神経やホルモンは正常に機能しなくなり、体温調節が上手くできなくなって冷えを招く原因となってしまいます。

<筋肉量の少なさ>
体の体温の主な発生場所は筋肉ですが、女性は男性よりも筋肉が少ないため発熱量が少ないことも女性に冷え性が起こりやすい原因であると考えられます。

■身体の冷えと肌荒れの関係は

実は、身体の冷えと肌荒れには深い関係があります。身体が冷えると、自律神経やホルモンの働きによって血管が収縮させられ、身体は体温を維持しようとします。すると、血行が悪化して身体の各部分に栄養が届かなくなって肌が栄養不足になったり、老廃物を排出する働きが上手く行われなくなったりということが起こります。そのため、血流の悪化は代謝の低下に繋がり、ニキビやごわつきなどの肌トラブルも起こりやすくなってしまいます。

■代謝が落ちるとシミやくすみもなかなか治らない

代謝の低下は肌のシミにも大きく関わっています。肌は紫外線を浴びると自らを守るためにメラニンと言う色素を作ります。このメラニンは、通常はターンオーバーによって皮膚の表面から剥がれ落ちるのですが、肌の代謝機能が低下するとメラニンが肌に溜まってシミになってしまうのです。

また、代謝の低下は肌のくすみにも繋がります。くすみとは、肌の明るさやツヤ、透明感が失われ、黒ずんで見える状態のことを言います。このくすみを引き起こす原因には、加齢や疲労、不十分な洗顔の他に、

□メラニンの増加と沈着
□血行悪化による栄養不足と老廃物の滞り
□新陳代謝の低下による角質肥厚

などもあり、血行や代謝の悪化がくすみの原因となっていると言えます。

■血流を促進して代謝を高める食材(成分)は

以上のように、血行の悪化とそれによる代謝の低下は冷え性や肌荒れの原因となるため、改善することが求められます。では、どのようにすれば血行を改善することができるでしょうか。まずは、食事によって血流を促進するために摂取すると良いものをご紹介します。

<身体を温める食材>
身体を冷やすと血行不良になるため、血流を促進するにはまず身体を温めることが大切です。身体を温める作用のある食材には次のようなものがあります。

□ニンジンやダイコン、ゴボウなどの根菜類
□ニンニク
□生姜
□大豆や肉などのタンパク質を豊富に含むもの
□温かい飲み物

<血液をサラサラにする食材>
身体を温めても、血液がドロドロだったら血流は良くなりません。そのため、血行を促進するためには血液をサラサラにすることも大切です。血液をサラサラにする食材には、

□ネギやタマネギなどのような硫化アリルを含むもの
□納豆
□サバやブリ、イワシなどの青魚

などがあります。

<代謝を促進する食材>
私たちの身体では、糖質や脂質、タンパク質などからエネルギーを生成していますが、そのうち糖質の代謝にはビタミンB群が不可欠です。ビタミンB群を多く含む食材は以下の通りです。

□レバー
□大豆製品
□卵
□ウナギやマグロ、サケなどの魚

また、ヨウ素にも糖質や脂質、タンパク質の代謝を促進する作用があります。ヨウ素は次のような食材に多く含まれます。

□昆布やワカメなどの海藻類
□サバやイワシなどの魚
□牡蠣やハマグリなどの貝類

■体温を上げるのに効果的な生活習慣は

次は、食事以外で冷えを解消して体温を上げるための生活習慣について見ていきましょう。体温を上げるためには次のことが効果的です。

<運動>
体温の維持にも関わる身体の熱は、その大部分が筋肉で発生しています。そのため、運動をして筋肉量を増加させることは体温を上げるために重要です。また、運動をすると血行が良くなるので冷えの改善に効果的です。体温を上げるためにおすすめの運動は、

□1日30分以上のウォーキング
□ストレッチ
□スクワット

などです。

<身体を温める>
体温を上げるためには、身体を冷やさないようにし、以下の方法で温めるようにすると良いでしょう。

□シャワーで済まさず湯船に浸かる
□足湯や半身浴をする
□夏でもストッキングや靴下を履き、薄着をしないようにする
□腹巻きやカイロを使用する

<自律神経を整える>
先ほど説明したように、自律神経の乱れは体温調節機能の低下を招き、冷えの原因となります。そのため、自律神経を整えることは体温の維持に有効です。自律神経を整える方法の例は以下の通りです。

□深呼吸する
□しっかりと睡眠をとる

コメントする